インターホンの役割

最新のインターホン事情
今やほとんどの住宅にインターホンが取り付けられています。防犯の役割を担う大切な設備ですが、とりあえずテレビモニター付きのインターホンを取り付けておけば安心、そう思っていませんか?実はインターホンも日々進化を遂げているんです。従来のテレビモニター付きインターホンに録画機能が付いているものまで登場しています。また、広角レンズを搭載し、玄関先がほぼ真横まで見渡せるようにすることで、顔を見られるのを嫌う空き巣をはじめとした侵入者の姿を捉えることができます。さらにこれに合わせてインターホンと連動した電気錠システムやライトを選ぶと、光や警報音によりピッキングの防止にもつながります。室内モニターにも工夫がされていて、小さなお子さんや高齢者の方でも使いやすいように画面が大きく見やすいものが増えてきているということです。誰でも使いやすいよう必要なボタンが大きく押しやすくなっていたりと操作性も抜群。インターホンの交換時にはこういった最新機能のものを選ぶと安心ですね。

インターホンを選ぶときのポイント
インターホン修理、インターホン交換の際にぜひ注目すべきポイントは、時間、光、音、目、の4つです。侵入に時間をかけたくないと考えるのが犯罪者。光で照らされたり、自らの姿をしっかり捉えられたり警報音が鳴ったりすれば、おのずと侵入自体が難しくなり、犯罪者から嫌われる住宅をつくることができます。

インターホン修理をするか、インターホン交換をするか
犯罪者の手口も巧妙になるなかで、自宅を守るのはもはや至難の業。インターホンを取り付けたのがもう昔のことというのではちょっと不安ですよね。最近音が小さくなったなどの不具合がある場合も、インターホン修理と合わせて新しい機能を搭載したインターホンへの交換を検討してみるのもいいかもしれません。