インターホンの交換方法とは?

【インターホンは自分で交換できる?】
ほぼすべての住宅に当たり前のように設置されているインターホン。「中の人を呼び出す」「通話する」といった最低限の機能は備わっていますが、最新の物になりますとモニターがついていたり、録画や撮影してくれるタイプもあります。このように高性能なインターホンが開発されている現状なので、中にはインターホンの交換をお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかしインターホンの交換は、誰もが可能なわけではありません。まずは、現在ご利用されているインターホンを見てみましょう。もしもインターホンがコンセントにつながっていたり、乾電池を搭載していたりすれば、DIYで交換する事も可能です。しかし、電源直結式のインターホンやガス警報器などと連動しているタイプの物は電気工事士の資格が必要になりますので、ご自身で行わないようにしてください。また、マンションのエントランスにインターホン集合機がある場合も勝手に交換してはいけません。

【インターホン交換の手順】
もしもDIYで交換が可能だった場合、その基本的な手順をご紹介いたします。
まずは子機からです。玄関子機と配線、取付枠をネジを回して外していきます。そして新たな枠を取り付け、配線を接続し、新しい玄関子機を枠に固定します。これで子機は完了です。
次に親機です。コンセントから抜いて、持ち上げるように金具から取り外します。その後配線を外し、金具も外します。そして新しい金具を取り付け、新たな親機に配線をつなぎ、金具に固定して完了です。

【業者に任せるのが吉】
このように、インターホンの種類によっては簡単に交換できる事があります。しかし自信の無い方や、無資格者の施工が禁止されているインターホンについては、インターホン工事のプロにおまかせください。皆様に代わって、適切にインターホンを交換してくれるでしょう。既にインターホンを購入済みという方も、一度ご相談ください。