インターホンの取り付けは専門業者に

インターホンの役目
インターホンとは、玄関先に設けられた呼び出し装置で、押すとチャイムや音楽が家に鳴り響き、来客が訪れたことを家の中にいる者に伝えるという役目があります。近所とのコミュニティが成り立っている場合は、開きっぱなしの玄関を開けて「◯◯さーん」と名前を呼ぶなんてこともあり得なくはありませんが、今は物騒な世の中になり、隣人とのコミュニケーションが希薄になって来ているので、玄関には鍵、玄関先にはインターホンが一般的になっています。従って、インターホンが壊れていると、来客が来たことが家の中の者には伝わらず困ることになるので、時々、インターホンを押してうまくなっているか確かめてみましょう。

いろいろなインターホン
押すとチャイムや音楽が流れる、というインターホンは、今やシンプル型に分類されるようです。最近は、モニターが付いててインターホンが押されると同時に訪問者の姿を映しだすインターホンがあり、その映像を録画しておく機能を備えたものもあるそうです。また、セキュリティ会社や自身のスマートフォンなどと連携して、遠隔で訪問者を確認したり、不審者を認知することも可能になってきたりなど、インターホンも時代と共に進化しているようです。

インターホンを取り付けよう
最近ではホームセンターが充実していて、インターホンも個人的に購入することが出来るので、D.I.Yでインターホンを取り付けてみようという人もいるかもしれません。しかし電気工事士の資格がないとやってはいけない工事内容もあるので、初めから専門業者に依頼することをお薦めします。