インターホンの交換方法とは?

【インターホンは自分で交換できる?】
ほぼすべての住宅に当たり前のように設置されているインターホン。「中の人を呼び出す」「通話する」といった最低限の機能は備わっていますが、最新の物になりますとモニターがついていたり、録画や撮影してくれるタイプもあります。このように高性能なインターホンが開発されている現状なので、中にはインターホンの交換をお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかしインターホンの交換は、誰もが可能なわけではありません。まずは、現在ご利用されているインターホンを見てみましょう。もしもインターホンがコンセントにつながっていたり、乾電池を搭載していたりすれば、DIYで交換する事も可能です。しかし、電源直結式のインターホンやガス警報器などと連動しているタイプの物は電気工事士の資格が必要になりますので、ご自身で行わないようにしてください。また、マンションのエントランスにインターホン集合機がある場合も勝手に交換してはいけません。

【インターホン交換の手順】
もしもDIYで交換が可能だった場合、その基本的な手順をご紹介いたします。
まずは子機からです。玄関子機と配線、取付枠をネジを回して外していきます。そして新たな枠を取り付け、配線を接続し、新しい玄関子機を枠に固定します。これで子機は完了です。
次に親機です。コンセントから抜いて、持ち上げるように金具から取り外します。その後配線を外し、金具も外します。そして新しい金具を取り付け、新たな親機に配線をつなぎ、金具に固定して完了です。

【業者に任せるのが吉】
このように、インターホンの種類によっては簡単に交換できる事があります。しかし自信の無い方や、無資格者の施工が禁止されているインターホンについては、インターホン工事のプロにおまかせください。皆様に代わって、適切にインターホンを交換してくれるでしょう。既にインターホンを購入済みという方も、一度ご相談ください。

カメラがあることは抑止力にもなります

中から見られることを避けたい人
インターホンを新しいものに取りつけるなら、今は特にカメラ付きのインターホンが人気のようです。
カメラ付きインターホンは、例えばオートロック式のマンションに設置することで、共同玄関に誰が来たのかを確認してから鍵を開けることが出来ます。また、玄関前にももう一つカメラを付けておけば、ドアを開けること無く来客を確認できます。
例えば、宅配便を装って強盗を働こうとする人間は、自分の顔を見られれば明らかに怪しいと思われることを嫌い、そういった物件を避けるかもしれません。また、新聞の勧誘なども、カメラがついていることで訪問しにくくなる場合もあるようです。

訪問者の証拠に
悪質な訪問セールスなどでは、無理やり上がり込んだり、扉を閉めようとしているのに足を玄関に挟み込んで閉めさせないなど、非常に恐怖感さえ感じる行動を取る輩もいるようで、特に女性や高齢者の一人暮らしなどの場合、抵抗できずに無理やり契約を結ばされることもあるようです。
こうした問題が発生した時、相手の顔が分からないと中々問題解決に至らない場合もありますが、カメラ付きインターホンの中には移した映像を録画しておいたり、外部にSDカードなどで外に持ち出すことが出来るものもあるようなので、それらをご検討されておけば、訪問者を映像として記録して、あとから追求したりすることも出来るかもしれません。

インターホンでできること

・外出中の来客対応
最近のインターホンは、機種にもよりますが、モニター親機をインターネットに接続することで、スマートフォンを使ってリアルタイムに対応ができます。これにより、外出中に来客があっても、あと数分で帰る事を伝えたり、宅配便の再配達をお願いしたりと、来客対応の幅が広がります。また、防犯にもつながることがあります。空き巣は留守であることを確信してから侵入を試みますが、確認方法としてインターホンを押すことがあります。インターホンを押して反応がなければ誰もいないということになりますが、スマートフォン対応ができるインターホンを取り付けることで、外出中でも誰かがいるように思わせることができ、空き巣の侵入を防ぐことにつながります。

・デジタル信号処理とタッチパネル
従来のアナログ映像信号からデジタル映像信号にすることで、玄関子機の高画質化を実現しました。きれいな映像で来訪者の顔までハッキリ確認できます。また、広角レンズやLEDライトを搭載することで、視野角が拡がり、夜でもハッキリ確認ができるのです。モニター親機には、大型モニターとタッチパネルが採用され、操作性が向上しました。また、見たいところをタッチすることで、ズームや移す位置の移動もできるのです。新しいインターホンを取り付けることで来客時の対応もスムーズになるでしょう。

・ホームセキュリティーにも
ネットワーク対応のインターホンを取り付けることで、「ワイヤレスカメラ」「窓センサー」「ドアセンサー」「ファックス」「電話機」など様々な機器と接続することができます。これらの機器を接続することで、自宅の異変をすぐさまスマートフォンに知らせることができます。例えば、窓センサーやドアセンサーは、外出する際に、警戒モードに切り替えることで、ドアや窓が開いたことを知らせてくれます。また、ワイヤレスカメラに接続することで、駐車場など、少し離れた場所でも監視、録画することができます。その他にも火災報知器や非常ボタンなど様々な機器と連動して、自宅の安全を守ることができるのです。

自分でもできる、簡単設置インターホン

・ワイヤレスドアホン
インターホンの取り付けと言えば取付工事が必要で配線を引っ張ってきたりと自分では取り付け出来ないものというイメージがありますが、近年ではワイヤレスドアホンの登場により、面倒な配線が必要なくなり、自分でも簡単に設置できるようになりました。ワイヤレスドアホンはカメラ部分を玄関の近くにネジで固定し、子機とはワイヤレスで接続できるため、面倒な配線は必要ありません。また、同じメーカーであれば、玄関子機は新たに固定しなくてもカメラ部分を土台から外し、付け替えるだけでいいのでより簡単になります。

・ドアモニ
ワイヤレスドアモニターと呼ばれるもので、賃貸物件といった勝手にインターホンの取り付けが出来ない住宅でもカンタに取り付けができます。壁などに取り付けるのではなく、ドアの上部に引っ掛ける形で設置します。ドアモニターと子機はもちろんワイヤレスでつながっているため、家の中の何処にいても直ぐに対応ができます。カメラ付きのドアホンがなくて不安という方にはうってつけのものです。

・ワイヤレステレビドアホン
方式はワイヤレスドアホンと同じで、玄関近くに玄関子機を設置します。カラーモニターで来訪者の確認がスムーズにできます。録画機能もついているため、来客時に自宅にいなくても後で誰が来客したかの確認ができます。比較的大きなモニターを使っているタイプもあるので、ワイヤレスモニター越しでも来訪者の顔をはっきり確認することが出来ます。

インターホンの進化

マンションやアパート、ほとんどの家庭で取り付けられているインターホンですが、近年では様々な機能が備わっており非常に便利なものになっています。その便利な機能を紹介したいと思います。
・無線機能付き
パソコンやゲームを代表に知られるようになった無線LANという言葉ですが、インターホンにも使われています。どのように使われているかというと、インターホンのカメラと親機を無線接続することで配線の必要がなくなりインターホンの取り付けが楽になります。それだけではなく、子機付きのものであれば家の中のどこででもすぐに対応ができたり、親機をインターネットに接続すれば外出時にスマホからリアルタイムで対応するなんてこともできます。
・録画機能
カメラ付きのインターホンというのは少なくないですが、最近では録画機能がついたものも存在します。録画機能付きのインターホンを取り付けることで、留守にしている時来客が合った場合にSDカードに録画した映像を保存してくれるので、留守中に誰が来客したか確認することができます。さらにセンサー付きであれば人などを検知した際に映像を確認、録画することができます。
・広角レンズ
従来のレンズであれば基本的に正面しか映すことができませんが、広角レンズが搭載されたカメラ付きインターホンを取り付ければ左右約170度、上下約100度と広範囲を映し出すことができます。映し出す範囲が広がれば、複数の来客時に何人いるかなどモニター上で簡単に確認することができます。広範囲を見渡せれば防犯などにもつながりますし、その意味でも従来のインターホンから交換を検討してみても良いかもしれません。

複数設置でスムーズな対応

1台だけだと不便です
インターホンが鳴った時、他のお部屋などに居て慌てて取りに行って、結局取れなかったという経験の方は多いと思います。特に1階にインターホンがあり、2階に自分のお部屋などがありますと、音が聞こえないということもしばしばです。宅配便などの業者の方も、不在連絡票を置いて何度も訪問するのは面倒でしょうし、その他お家には様々な方が来られます。ご家族が鍵を持っていなければ、そのときにもインターホンは必要です。

複数台設置も便利ですが…
そこで、お家の中のどこにいてもインターホンをすぐ取れるように複数台設置するということをご検討されてはいかがでしょうか。インターホンの設置には、壁面のスペースと配線工事さえ出来る構造なら、例えば1階と2階の両方に、あるいは1階のキッチンと書斎、といった用に、普段生活する空間と仕事をする空間とで1つずつ、というのも大変便利なものです。
しかし、インターホンを離れた場所に設置するということは、それだけ敗戦の長さも長くなりますし、電気配線の方も新しく引っ張らなければいけないことも多いです。配線関係は特に、その後の運用の問題になる場合がありますので、出来るだけ確実に行なうことが求められます。

業者に任せましょう
そんな時はインターホンを設置してくれる業者に依頼するのが確実な方法です。インターホンにも様々なメーカーやグレードのものがありますので、自分たちの欲しい機能を持つインターホンを探してくれる業者に頼むのが、あとからインターホンを設置して後悔しないために重要なことです。

録画機能付きインターホンで安心生活を

【インターホンは生活の一部】
今や各家庭に当たり前のようインターホンが取り付けられています。訪問者の来訪を音で知らせてくれるだけでなく、室内に居ながら来訪者と話ができるというのは、非常に便利ですね。カメラ付きのものであれば、来訪者と話さなくても人物特定ができます。治安の悪さがニュースなどで多く取り沙汰される昨今では、見知らぬ訪問者に対してドアを開けるのはもちろん、話もしたくないという方が多いと思われます。特に女性の一人暮らしの場合にはその傾向が強いでしょう。

【留守でも安心なインターホン】
最近ではインターホンの機能も目覚ましく発展しています。カメラ機能付きのものだけではなく、録画まで可能なインターホンも登場しています。この録画機能付きインターホンを取付けていると、日常の様々なシーンで大変役に立ちます。例えばお子様に留守番をさせる場合、「誰が来ても出なくていいから」と言い置いて外出される方が多いと思います。録画機能を活用することで、その間に訪問者があったかどうかを帰宅後に確認し、訪問者があった場合には必要な対応をとることができます。

【録画機能付きインターホンで空き巣を撃退】
しかし、留守時の訪問者を確認できる最大の利点は、何といっても空き巣の撃退効果にあるでしょう。空き巣がインターホンを鳴らして各家庭が留守になる時間帯を確認しているのは有名な話です。それは本来、「留守にしている間の訪問者を住人は確認することができない」という考えに基づいた方法です。しかし録画機能付きインターホンが取り付けられていれば、この原則が覆ります。録画を確認し、見知らぬ人物が週に何度も訪問している場合は要注意です。こういったことが事前に分かれば、対策も立てやすいでしょう。

故障したインターホンはすぐに修理を!

そのインターホンは寿命ですか?
多くのご家庭に、インターホンは取り付けられていることでしょう。そんなインターホンは、24時間365日常に動いています。そのため、インターホンも劣化は避けられません。一般的に、インターホンの寿命は10~15年と言われています。そうして壊れてしまったインターホンは、その機能を発揮できなくなってしまいます。そのまま放置すれば、やがて空き巣などに狙われてしまうおそれもあります。インターホンを取り付けて10年以上のご家庭は、インターホンの交換もご検討されたほうが良いでしょう。

故障の原因
インターホンの故障の原因によっては、寿命を迎えていなくても唐突に電源が落ちるということはありえます。また、インターホンの使用頻度が低いご家庭では、そもそもインターホンの故障に気づいていないというケースもあります。時々で良いので、たまにはインターホンを動かしてみると良いでしょう。
まず、故障内容として意外と多いのが電池切れによるものです。乾電池から電気の供給を受けている場合、数ヶ月ほどで電池交換が必要になります。どこかわかりやすいところに、いつ電池を交換したのかメモしておくと良いでしょう。また、配線ミスによる故障もあります。インターホン工事は、時には電気工事士の資格が必要になる工事です。ご自身で行ったり、経験の少ない業者の場合は人為的な配線ミスが起こるリスクがあります。最後に、結露による故障もありえます。インターホンも電子機器です。外気にさらされる事も多いので外からの雨や雪などには強いですが、内部からの結露には弱いのです。多少の結露なら水を抜く事ができますが、気温差の激しい地域では警戒が必要になります。

インターホンの修理を急ぎましょう
動かなくなったインターホンはただ役に立たないだけでなく、デメリットを生んでしまいます。来客はその場で待たされてしまうかも知れませんし、管理がなっていないと空き巣に狙われる事もあります。前述のようにインターホンも電子機器のため、安全のためにインターホン修理は業者の方に任せるのが一番でしょう。

インターホンの種類

今ではどこのお家にも設置されているインターホンですが、そのインターホンにも様々な種類のインターホンがあります。では、どんな種類のインターホンがあるのでしょうか。

ドアホン
ほとんどの家・マンション・アパートに設置されているのはオーソドックスなこのタイプではないでしょうか。
家の中にいる人とドアの外にいる人が通話出来るタイプのインターホンです。
来客した人が誰なのかを確認してからドアを開けることが出来るので防犯上では非常に効果的ではないでしょうか。
最近ではボイスチェンジ機能を搭載しているタイプもあります。

テレビドアホン
テレビドアホンは、テレビモニター付きのインターホンです。
ドア側のインターホンには小型のカメラが内蔵されており、家の中にいる人がモニターで来客した人の顔を確認することが出来るのでより一層防犯上では効果的ではないでしょうか。
最近では携帯電話と連動しているものやボイスチェンジ機能が搭載されているタイプもあります。
録画機能が搭載されている物もあるので防犯対策には欠かせない装置になっているのではないでしょうか。

ワイヤレスドアホン
最近、多くの家・マンション・アパートで復旧しているのがワイヤレスドアホンです。
ワイヤレスドアホンの良い部分は持ち運びが出来るところです。
通常のインターホンなら通話をするために設置されている場所まで移動しないといけませんがワイヤレスドアホンならどこにいても通話をすることが出来るので便利でしょう。

カメラ付きインターホンの利点

賃貸住宅でも近年は初期設備としてカメラ付きインターホンが取り付けられている所が多いです。今やチャイムのみのお家はほとんどなく、少なくとも通話機能を備えたインターホンを取り付けられているお家がほとんどではないでしょうか。数あるインターホンの中でも、やはりカメラ機能はあった方がいいと思う理由を挙げてみました。

カメラ付きインターホンとセールスマン

突然の来訪でも、室内で訪問者が誰なのかを確認し会話ができるのはとても便利ですよね。そもそも、本当に大切な用事がある人が突然家にやって来るなんてことはほとんど無いと思います。「用事があって突然来る」のはせいぜいが宅配業者くらい。もしも訪問営業のセールスマンであった場合、インターホンのカメラ機能でやって来た相手の姿を見ることができれば、話す前にセールスマンだと気が付くことができ、応対せずとも相手をやり過ごすことができます。相手にわざわざ「人がいる」ことを知らせずに済むので、面倒が減りますね。

カメラ付きインターホンと防犯

一昔前と比べると、インターホンは驚くほど進化しました。それだけ防犯に気を付けなければならなくなったのだと思うと悲しい気もしますが、なぜか大きなマスクや帽子で顔を隠すようにして訪問する業者風の人間など、怪しい訪問者が存在することも事実です。最近のカメラ付きインターホンは防犯のために録画のできるものもあります。特に小さなお子さんのいらっしゃるお宅では防犯性の高いインターホンは強い味方になるのではないかと思います。もしインターホンの取り付け・交換を検討されているならば、ぜひその防犯性にも注目してください。