インターホンの役割

最新のインターホン事情
今やほとんどの住宅にインターホンが取り付けられています。防犯の役割を担う大切な設備ですが、とりあえずテレビモニター付きのインターホンを取り付けておけば安心、そう思っていませんか?実はインターホンも日々進化を遂げているんです。従来のテレビモニター付きインターホンに録画機能が付いているものまで登場しています。また、広角レンズを搭載し、玄関先がほぼ真横まで見渡せるようにすることで、顔を見られるのを嫌う空き巣をはじめとした侵入者の姿を捉えることができます。さらにこれに合わせてインターホンと連動した電気錠システムやライトを選ぶと、光や警報音によりピッキングの防止にもつながります。室内モニターにも工夫がされていて、小さなお子さんや高齢者の方でも使いやすいように画面が大きく見やすいものが増えてきているということです。誰でも使いやすいよう必要なボタンが大きく押しやすくなっていたりと操作性も抜群。インターホンの交換時にはこういった最新機能のものを選ぶと安心ですね。

インターホンを選ぶときのポイント
インターホン修理、インターホン交換の際にぜひ注目すべきポイントは、時間、光、音、目、の4つです。侵入に時間をかけたくないと考えるのが犯罪者。光で照らされたり、自らの姿をしっかり捉えられたり警報音が鳴ったりすれば、おのずと侵入自体が難しくなり、犯罪者から嫌われる住宅をつくることができます。

インターホン修理をするか、インターホン交換をするか
犯罪者の手口も巧妙になるなかで、自宅を守るのはもはや至難の業。インターホンを取り付けたのがもう昔のことというのではちょっと不安ですよね。最近音が小さくなったなどの不具合がある場合も、インターホン修理と合わせて新しい機能を搭載したインターホンへの交換を検討してみるのもいいかもしれません。

インターホンには寿命があります

インターホンの寿命
もはや日常的過ぎてあまり考えたこともない方が多いと思いますが、実はインターホンにも寿命というものがあります。だから、一定の期間の後にはインターホンを修理するなりインターホンを交換するなりしなければならないのです。マンションインターホンなら、大体15年が寿命と言われています。その後にはインターホンの交換、もしくはインターホンの修理が必要となってくるのです。
反射について
特にこだわりがなく、今までの物でいいとお考えの方はインターホンを修理するでしょうし、気分転換したいとお考えの方ならインターホンを取り換えるとよいでしょう。インターホンは来客を伝える信号です。そこを変えるということは来客時の気分にも影響しますし、お気に入りの音を設定すれば来客がより一層待ち遠しいものとなるでしょう。人間には反射という神経系を通しておこす反応があります。心理学的には条件反応(conditioned)といい、後天的に獲得することができます。これの実験例でパブロフの犬というものがあるのですが、これは犬に餌を与えるときにメトロノームの音を聞かせ続けたところ、メトロノームの音を聞いただけでよだれを垂らすようになったという実験で、発見当初は精神反射と呼ばれていました。
インターホンを利用した条件付け
学習してるってことじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、反射は学習と異なり、無意識的で自動に発動します。つまり、インターホンを取り換えるということは、その反射の機能を作り直すということに繋がるのです。逆に今までに来客を喜びと感じていた人はインターホンを修理して、これまで通りの反射でいいということになります。用途に合わせてお考え下さい。

一人暮らしの方へ

玄関のチャイム

一昔のアパートやマンションお住いの方の玄関にはいまだ「チャイム」があることはまだ多いです。「チャイム」または「呼び鈴」と呼ばれるものですが、これはただ単純に自分を誰かが訪ねてきた「合図」です、「インターホン」とはまた別ものです。ごくまれにこういったことを混同して覚えている方がいらっしゃいます。入居の際に「チャイム」のことを「インターホン」であると勘違いしていたばっかりに問題になってしまったということも少なくはないでしょう。「チャイム」と「インターホン」は全く別のものです。近年の防犯意識としては「インターホン」の設置が望ましいとされています。「インターホン」は防犯にとても有効な手段でもあるのです。

防犯意識としてのインターホン

一人暮らしをされている方はインターホンのある家へのご入居をお勧めします。女性の一人暮らしであればなおさらです。インターホンはドアの近くに行くことなく相手との会話が出来ます。相手の顔を水に話が出来るのでそれだけでも安心感があるでしょう。そして、モニター付きのインターホンであれば自分の顔は見せずに、相手の顔を見ながら会話を行うこともできますし、相手の顔を見て出るか出ないかの判断を行うこともできるでしょう。特に女性の一人暮らしの場合、男性が怖いという方もいらっしゃるでしょう。そういった場合は、モニター付きインターホンを利用してモニターを見ながら判断されても良いかと思います。最近ではなりすましや、その他押し売りのように、ドアを開けたらそのまま居座るというのも少なくはありません。そういったことをしっかりと断れる方なら良いでしょうが、そうもいかない方も少なくはないかとも思います。

インターホンへの交換

もし、ご自宅にインターホンではなくチャイムが設置されていた場合でも、ご自身で交換してしまうというのもありかと思います。ホームセンターや家電量販店でも比較的安価で買えるものも多くありますし、きちんと大家さんに許可を取れば断られることも少ないでしょう。退去の際も、買ったインターホンは個人所有になるのでそのまま新居に持って行っても良いかとも思いますし、必要なければ売ってしまうというのもありでしょう。初期費用が幾分かはかかってしまうものの、莫大な数字というわけでもありません。そういった方向で見て検討を行ってみても良いのではないかと思います。一人暮らしをこれから検討されている方も、こういった防犯対策は意識を高く行っていきましょう。

インターホンの効果

なぜインターホンを取り付けるのか
インターホンを取り付けると、電線などの環境にもよりますが室内の任意の場所で訪問者を確認したり、会話をすることができます。しかし、防犯などが目的ならインターホンを取り付けなくてもドアに頑丈なカギを付けて覗き穴から外を確認すればいいではないかということも考えられます。確かに、単純に犯罪者などから身を守るだけが目的ならインターホンを取り付けずにそうした方法をとればいいことかもしれません。では、なぜインターホンはこれほど世界中で使用されるようになっているのでしょうか。
インターホンの機能
インターホンを取り付けることは防犯機能を高めることに繋がります。もし玄関の先に危険な犯罪者がいるならばドア越しでも近づかない方が懸命ですし、インターホンにはカメラが内蔵されていて相手の顔を確認したり、相手への牽制としても効果を発揮します。ですが、インターホンが取り付けられているのは建物の出入口だけでしょうか、そんなことはありません。病院やビルの警備室などでもインターホンが取り付けられているのは当然と認識されています。それはインターホンを取り付けることによって得られる連絡性能が重宝されているからです。
相互連絡ができるインターホン
病院などの救急の現場では情報伝達のスピードは人の命に関わります。救急患者が運び込まれた時などはすぐに患者の容態や現場の状況を担当する医師や看護師に伝えなければなりません。そんな時にインターホンが取り付けてあれば、すぐに生の声で連絡を行える上、機能によっては映像の情報も確認することができます。警備などの場合も同様ですインターホンが取り付けてあることで災害時の状況判断決定的な情報を得ることができるかもしれません。このような事例はほんの一例ですが、インターホンを取り付ける時にはその後使用する自分のことだけでなく、インターホンのむこうにある状況も想像しておくとより効果的かもしれませんよ。

チャイムからインターホンへの交換

インターホンの役目

住宅には必ずインターホンが取り付けられています。インターホンが取り付けれていることによって、部屋のなかにいても来客が来たことを知ることができ、すぐに玄関まで出れない時でもインターホンでその旨を伝えることができます。また、カメラ付きのインターホンを取り付けている場合は、部屋のなかにいながらも誰が来たのかを確認することもでき便利で、防犯の面でも役に立ちます。家人が来客を確認するだけではなく、空き巣から見てもカメラ付きインターホンが取り付けられている場合は、顔が映るのを避けるためターゲットにされるのを回避できる可能性も高くなります。

最近のインターホン

最近では、カメラ付きのインターホンを取り付けている住宅が多いことと思います。一言にカメラ付きインターホンと言っても、性能・機能が進化していて、映像がより鮮明なものや録画機能があるインターホンが登場しています。特に、小さいお子様だけで留守番することが多いご家庭、一人暮らしの女性に需要が高まっています。

チャイムからインターホンへ交換の注意

呼び出し音がなるだけのチャイムが取り付けられているご家庭では、利便性や防犯性を求めて新しいインターホンに交換することをご検討中の方もいらっしゃると思います。もし、呼び出し音だけのチャイムからインターホンへの交換をご検討でしたら注意しなくてはならないことがあります。チャイムから新しいインターホンに交換する場合、電圧が異なるため配線も替えなくてはいけません。チャイムからインターホンへの交換をする際は、インターホンの取り付けを行っている業者にお任せしたほうがいいでしょう。

インターホンを交換しましょう

古いインターホンと防犯について
あなたの家の玄関には、どのようなインターホンが取り付けられていますか?インターホンには、通話機能だけのもの、カメラ付きのものがありますが、古いタイプのインターホンは、通話機能だけのシンプルなものがほとんどです。このようなインターホンでは、玄関前にいる人の声を聞くことはできますが、姿は見えませんね。これは、防犯上、あまり良くないといえます。「宅配便です」と言われ、玄関を開けると、強盗に入られるような事件も起きていますので、古いインターホンは交換することをおすすめします。また、インターホンは古くなるとインターホンの修理も必要なため、古くなったらインターホンの交換を考える時でもあるといえます。
進化するインターホン
インターホンは進化しています。カメラ付きのインターホンは、かつてはモノクロのカメラが装備されていましたが、現在ではカラーカメラが装備されて、よりはっきりと、玄関前にいる人の姿を見ることができるようになっています。さらに、最近のインターホンは、夜でも見やすいようにライトを装備したり、広角レンズを用いて広い範囲を見ることができたり、録画機能を備えていたり、と、非常に高性能になっています。そのため、最新のインターホンに交換することで、防犯に一役買ってくれるのではないでしょうか。
インターホンを交換しましょう
このように、新しいインターホンに交換することで、大きなメリットを得ることができます。インターホンの交換は、防犯対策において大きな効果を発揮します。例えば、空き巣は、カメラ付きインターホンが取り付けられている家を避けるといわれていますし、前述のような宅配便を装った強盗への対策にもなりますね。インターホンが古かったり、インターホンの修理が必要なときは、高性能で防犯対策にもなる新しいインターホンへの交換を考えてみてはいかがでしょうか。

インターホンの誤作動について

インターホンで防犯対策

家に誰かが訪ねてきたとき知らせてくれる、現代の生活にもはや欠かすことができないインターホン。そのインターホンが突然鳴ったのに外に出てみたら誰の姿も無かった・・・というような経験はありませんか?単なる誤作動だったという場合もありますが、実は、空き巣が侵入を考えている家の下見に来た際、留守かどうかを確認するために事前にインターホンを鳴らしてみるということがあるのです。こういった場合、カメラ付きインターホンにしておけば、知っている方の来訪かどうかをインターホンに出なくても確認できますし、実際にインターホンのカメラによる録画で空き巣が捕まったという事例があるぐらいです。インターホンの設置は防犯対策にもつながるんですね。

誤作動の原因とは

「インターホンが鳴ったのに外には誰もいなかった」という状況のとき、空き巣の留守確認以外に考えられるのはインターホンの誤作動ですが、その原因にはいくつかのことが考えられます。たとえば電子機器であるインターホンは当然水には弱いのですが、外側が雨や雪に耐えられるような防水仕様で作られており、また内部も水抜き穴があるので多少の水であれば排水されます。しかしながら、昼と夜の気温差が激しい場合、内部で結露が発生してしまい、その結露により内部が損傷してしまうことがあります。

配線ミスも原因のひとつ

また、誤作動の原因となる故障の別の理由のひとつに、インターホンを取り付ける際の配線ミスによるものが挙げられます。ホームセンターなどでインターホンを入手することは可能ですので、ご自分でインターホンを取り付けようとされる方もいらっしゃるかと思いますが、こういった人為的ミスによる故障、そして誤作動を未然に防ぐために、やはりインターホンの交換やインターホンの修理を専門に行っている業者に依頼することが大切です。

インターホンの取り付けは専門業者に

インターホンの役目
インターホンとは、玄関先に設けられた呼び出し装置で、押すとチャイムや音楽が家に鳴り響き、来客が訪れたことを家の中にいる者に伝えるという役目があります。近所とのコミュニティが成り立っている場合は、開きっぱなしの玄関を開けて「◯◯さーん」と名前を呼ぶなんてこともあり得なくはありませんが、今は物騒な世の中になり、隣人とのコミュニケーションが希薄になって来ているので、玄関には鍵、玄関先にはインターホンが一般的になっています。従って、インターホンが壊れていると、来客が来たことが家の中の者には伝わらず困ることになるので、時々、インターホンを押してうまくなっているか確かめてみましょう。

いろいろなインターホン
押すとチャイムや音楽が流れる、というインターホンは、今やシンプル型に分類されるようです。最近は、モニターが付いててインターホンが押されると同時に訪問者の姿を映しだすインターホンがあり、その映像を録画しておく機能を備えたものもあるそうです。また、セキュリティ会社や自身のスマートフォンなどと連携して、遠隔で訪問者を確認したり、不審者を認知することも可能になってきたりなど、インターホンも時代と共に進化しているようです。

インターホンを取り付けよう
最近ではホームセンターが充実していて、インターホンも個人的に購入することが出来るので、D.I.Yでインターホンを取り付けてみようという人もいるかもしれません。しかし電気工事士の資格がないとやってはいけない工事内容もあるので、初めから専門業者に依頼することをお薦めします。

これまで以上に警戒心を強める

しっかりと防犯対策を

世の中には色んな犯罪がはびこっています。ちょっとでも外出すれば、たちまち犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるからです。なので、少しでもご自分または身内の方に危害が及ぶことがないよう、住宅だけでも防犯対策はしっかりとしておきたいですね。

インターホンは必須です

また、不審者を家に上げることもないよう、インターホンはしっかりと取り付けておくことが大切になります。ちなみに、インターホンの中には「ドアホン」と呼ばれるタイプがあります。これは「住宅用インターホン」のことを指すのですが、住宅用インターホンには大きく分けて3つの種類があります。
「ドアホン」
「セキュリティ機能付きドアホン」
「テレビ機能付きドアホン」

3つのドアホン

「ドアホン」は通常タイプになり、住宅に在住している人を呼び出す機能やその人と通話する機能のみになります。機能は限定されますが、その分価格もお手頃になっているので、多くの住宅にこのドアホンが取り付けられています。また、他にも屋内の親機には、受話器が備わっているタイプやハンズフリータイプの親機もあります。
「セキュリティ機能付きドアホン」は呼び出しと通話の機能以外に、火災が発生したり、ガスが漏れた時、それを素早く通報するセキュリティ機能が備わっています。
「テレビ機能付きドアホン」はその名の通り、テレビ機能が備わったドアホンです。画面によって訪問者の顔を直接確認することが出来るので、通常タイプのドアホンと比べて、不審者を家に上げるリスクはグンと減ります。

インターホンの取り付けや交換の業者はしっかりと比較して決めましょう。

インターホンの取り付けや取外しには、感電の恐れがあるため、電気工事士の資格が必要です。一般的に、「割りと簡単にできるのではないか」と思われているので、自分で勝手にやってしまう方も多いようですが、自分でインターホンの取り付けや交換を行って、実際にそれで事故にあわなければいいのですが、インターホンの取り付けや交換で感電してしまったりした場合には、時すでに遅しです。ひどい時には、心臓が止まってしまう場合もありえます。
そのような事態にならないためにもインターホンの取り付けや交換は、しっかりとした電気工事士の資格を有した専門業者に依頼するべきであるといえます。
しかし、どのインターホンの取り付けや交換業者が適当なのか分からないというのが本音のところですよね。実際、どのようなところがいいのでしょうか。インターホンの取り付けや交換にかかる費用や予算が概算でも事前に分かれば、インターホンの取り付けや交換で、どの業者を利用すればよいの比較しやすくて助かりますよね。
インターホンの取り付けや交換の比較を行っているサイトは、実は探すと、ネットでも結構な数があるのです。ぜひ一度探してみてください。そうしてから、インターホンの取り付けや交換を実際に依頼するほうが、どのようなインターホンの取り付けや交換の業者が来るのか分かりやすく、安心ですよね。
もし、インターホンの取り付けや交換を考えていらっしゃる方がいましたら、ぜひ一度そのようなサイトで検索して、比較してみてください。
きっと探しているニーズにあったインターホンの取り付けや交換の業者が見つかると思います。